五十肩の治療で活躍する貼り薬

五十肩の治療で活躍する貼り薬

スポンサーリンク

 

五十肩の治療に効果的なのが貼り薬です。
一般的に湿布と言われるもので、多くの人がこの湿布を使っています。
患部に貼る湿布は様々な種類があるので、自分の五十肩の痛みを緩和させる治療の効果を期待することができるので、ここで紹介する貼り薬を理解しながら、自分に合っている湿布を利用するようにしてください。

 

 

【温湿布】

 

五十肩の治療で使われる貼り薬が温湿布です。
患部を温めても大丈夫なの?と疑問を感じている人もいるかもしれませんが、肩の痛みを緩和させるためには筋肉を温めることが重要で、効果的に筋肉を温めるのに適しているのが温湿布です。

 

 

五十肩の治療に最適な貼り薬は、適材適所で正しい使い方をしないとうまく痛みを緩和させることができなくなってしまうので、専門医にしっかりと診察をしてもらいながら、どのタイミングで温湿布を処方してもらえば良いかを指示してもらうようにしてください。
自分で市販の温湿布を購入しても良いですが、間違ったタイミングで貼ってしまうと逆効果になってしまう可能性があるので注意してください。

 

スポンサーリンク

 

【冷湿布】

 

五十肩の治療に使う貼り薬は、患部を温める温湿布だけでなく、冷湿布も効果的に使うことがあります。
急性的な痛みを伴う場合は温めるよりも冷やしたほうが痛みを和らげることができるので、そのようなときに温湿布ではなくて冷湿布を使うようにしてください。

 

 

痛みが酷いときは患部を冷やすために冷湿布を使いますが、酷い痛みが無いときは筋肉を温めて血流を良くしなければいけないので、五十肩の治療をしているときは温めることを意識しながら温湿布の貼り薬を使うことで、それぞれの貼り薬の特徴をうまく活かしながら活用することができます。

 

 

このように五十肩の治療に欠かすことができない貼り薬も様々な種類があるので、自分がどのような湿布を使うことで効果的に五十肩の治療をすることができるのかを理解するようにしてください。
そうすうることで誰でも痛みを緩和させることができて、安心して痛みを緩和させることができるようになります。

 

スポンサーリンク