五十肩 治療 何科

五十肩は何科へ行けばいい??その治療方法は??

スポンサーリンク

肩の辛い痛み、最初は肩こりだと思ったんだけど様子がおかしい、肩が上がらなくなってきたような状態になっていたら「五十肩」かもしれません。
その症状を感じたら出来る限り早めに病院へ行くようにしましょう。

 

放っておくと症状が悪化して肩が上がらないだけではなく肩周辺の組織が炎症を起こして激しい痛みを伴う可能性もあります。
何科と迷った場合に病院へ行く際には「整形外科」に行きましょう。

 

ただし五十肩ではなく他の病気の可能性も十分に考えられますので出来るだけ大きい病院に行った方がいいかもしれません。
肩の痛みが首の頸椎椎間板ヘルニアなどから痛みが生じていた場合には通常のレントゲンだけでは判断できずMRIが必要になる場合などもあります。

 

それだけでなく他に原因があった際にすぐに他の科へ回してもらえますので大きい総合病院などにはこういったメリットがあります。
病院へ直接、何科を受診すればいいのかを聞いてしまってもいいでしょう。

スポンサーリンク

整形外科での治療は薬物療法、体操療法などがありますが初期段階の炎症を伴っている場合には薬物治療によって炎症を抑えるという治療を行っていく場合が多いです。
その際には安静が不可欠です。

 

他には生態や接骨院、カイロプラクティックなどでも治療を受けることが出来ます。
この場合には電気治療、温熱療法、手技療法などによって血行を良くするという治療が一般的に行われています。
整体やカイロプラクティックでは身体のゆがみを治すような治療やリハビリも行ってくれますので取り入れてみてもいいかもしれません。

 

五十肩は完治までに早い人だと数か月、遅い人だと数年かかってしまう場合もあります。
病院へ行ってすぐに治ったということはほとんどありませんので根気よく治療していくことが必要になります。

 

まだ病院へ行っていない場合には出来る限り早めに受診することをお勧めします。
何科と迷われている人は整形外科へ行けば何かしらの検査を行ってもらえますのでまずは病院へ行きましょう。

スポンサーリンク