五十肩 アルコール 影響

五十肩の原因はアルコールが影響してるって本当??

スポンサーリンク

40歳以上になると肩こりなどの症状も多くなり、一部の人は五十肩を発症します。
肩こりが原因となって起こるわけではありませんが初期症状は似ています。
五十肩の原因は今のところ解明されていないのが現状です。

 

その症状は肩の痛みや肩の動きが悪くなり腕を上げることなどの可動領域が制限されていきます。
その原因は五十と名がついているように加齢が原因であると推測されています。
加齢によって肩の周辺の筋肉や腱などの組織が固くなってしまったり摩耗してくることによって炎症や痛みが起こると考えられています。

 

その原因はアルコールの影響を受けるのかを説明していきましょう。
アルコール=お酒は「百薬の長」と言われていますが、そのあとに「万病のもと」とも言われており、その影響はさまざまなことがあります。
飲み過ぎることによって臓器にダメージを与えてしまいます。

スポンサーリンク

肩こりは臓器がダメージを受けることによって起こるという場合もあるようです。
肝臓は神経とつながっています。
血液と神経の経由地店の役割を果たしていて、肝臓は血液の中の毒素や老廃物を除去する働きをし、さらには心臓に綺麗な血液を送り込む働きも持っています。

 

肝臓が飲酒によって弱っているとこの働きが弱くなってしまうため臓器系がうっ血してしまうといった状況になることがあります。
特に肝臓は肩との神経ネットワークでつながっているため肩こりとして症状が出てしまう場合があります。
肝臓は左肩と結びつきが強いため左肩に症状が出やすいです。

 

アルコールの影響によって肩の筋肉などがかたくなってしまいその原因となってしまうといったことが考えられます。
その他にも喫煙や食生活の乱れ、ホルモンバランス、ストレスのようなことも原因となっていると考えられていますので注意しましょう。

 

また、運動をしない人が発症しやすいとも言われていますので日ごろから適度な運動を心がけましょう。
アルコールやたばこなどは適度して正しい生活習慣を身に付け五十肩を予防していきましょう。

スポンサーリンク