首が痛い時に痛みを和らげる寝方

首が痛い時に痛みを和らげる寝方

スポンサーリンク

生活を送る中で首が痛い時を経験する人は少なくありません。
その場合、起きて生活している間も痛みが気になるものですが、首が痛い時に横になると普段より寝付きにくく痛みを強く感じる人もいます。
首が痛い時に痛みを軽減する寝方を知っておくことで対処することができます。

 

 

【首が痛い時とその原因】
首に起こる痛みの原因はさまざまです。
寝違えてしまい、寝る前には感じなかった痛みを起きて抱えていることもありますし、最近ではパソコンやスマートフォンの普及にも関係して肩こりが悪化し首にまでその痛みが広がることもあります。

 

 

【首が痛くなりにくい寝方】
すでに首が痛い時だけではなく、普段から痛くなりにくい寝方もあります。
まずは筋肉に余計な負担がかからないようにするために布団に入った状態でしっかりとリラックスすることが大切です。
よく、寝返りをすることで寝違えてしまうと寝返りしないように寝ようとする人もいますが、寝返りは自然と起こります。
無理に横向きにならないようにと不要な力が体に入った状態が続くと、首が痛くなる可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

【首こりにつながってしまう寝方】
寝方として首に痛みが起こりにくい体勢は仰向けと言われています。
仰向けで体を休めることで体から力が抜けやすく負担がかかりにくいと言われています。
また、直接寝方ではありませんが、枕の高さが合わない場合、それが原因で痛みに繋がることもあります。
首が痛い時はこれにより悪化してしまう可能性もあるため、小さなことですが注意が必要です。

 

 

【首が痛い時に気を付けること】
首が痛い時に緩和しようと周囲の筋肉を揉み解すこともありますが、無理なマッサージにより悪化させてしまう可能性もあります。
また、正しく温めたり冷やす場合を除き、急激にこのような刺激を与えることもあまり好ましくありません。
痛みが長引く場合は専門の医師による診断を仰ぐことがおすすめです。

 

 

首が痛い時は普段気にも留めなかった些細な動きで痛みを強く覚えることもあります。
体を休める時間ですら、痛みに気を使ってゆっくり休むことができずストレスを感じてしまう人も少なくありません。
しかし、普段の生活や寝方などのちょっとした工夫により軽減、回避することもできます。

スポンサーリンク