首の痛みがあるときは病院の何科にかかればいいの?

首の痛みがあるときは病院の何科にかかればいいの?

スポンサーリンク

首の痛みがある場合、いったい何科の病院に行けばいいのでしょうか。

 

 

【首の痛みの原因】
一般的には首の痛みの原因は、これだとはっきりしているわけではありません。
筋肉の疲労によるもの、リンパの腫れによるもの、精神的なストレス、あるいはそれらによって発症する頚椎間板ヘルニアや神経根症が原因だとされています。
原因が色々考えられるので、病院の何科に行くべきか迷うところです。

 

 

頚椎間板ヘルニアや神経根症は、悪化すると頚椎の中を走る太い神経である脊髄が侵され脊髄症という病気になります。
手足にしびれが出たり、排泄や歩行などの日常生活が難しくなるので、早く病院に行って治してもらいましょう。

 

 

以降では、痛みの原因ごとに何科を受診すべきかを見ていきます。

 

スポンサーリンク

【首の痛みの原因と病院】
熱、頭痛、めまいや息苦しさを伴う場合、筋肉の疲労やリンパの腫れによる首の痛みである可能性がありあす。
病院の何科に行けばいいでしょうか。
この場合は、まず内科を受診してください。

 

 

精神的なストレスが首の痛みの原因だとすると、病院の何科に行けばいいでしょうか。
ストレスが原因かどうかはなかなか判断が難しいところですが、この場合は、心療内科を受診してください。

 

 

手足のしびれや背筋のこり・痛み、首の痛み、肩から腕にかけての痛み、足のもつれ、手が思うように動かないといった症状が出ている場合、頚椎間板ヘルニアや神経根症になっているかもしれません。
病院の何科に行けばいいでしょうか。
この場合は、まず整形外科を受診してください。

 

 

以上のように、比較的症状がはっきりしている場合は、何科を受診するべきかわかりやすいのですが、他に思い当たることもなく、なんだか痛いといった場合は、色々な科が集まっている総合病院の受診をお勧めします。
まず、何科を受診するべきかを判断してもらいましょう。

 

 

結局、首の痛みがある場合は、総合病院で診てもらうのが一番です。
大概の場合は一か所で治療ができます。

スポンサーリンク