下を向けない程首が痛い原因と対処法

下を向けない程首が痛い原因と対処法

スポンサーリンク

首が痛い原因は様々ありますが、下を向けない程の痛みとなると日常生活にも支障が出ます。
ここでは、首が痛む原因とその対処法について紹介します。

 

 

【首が痛いのは寝違えが原因?】
首が痛い時に考えられる原因として、様々な症状が挙げられます。
その一つが寝違えです。
朝起きると突然首が痛くなっている寝違えですが、寝ている間に首や肩、背中などに何らかの力がかかり続けて筋肉が炎症を起こすことが原因で発症します。
寝違えを起こすと首の動きが制限され、下を向けない程の痛みとなることもあります。

 

 

悪い姿勢で寝続けたり体に合わない枕を続けることの他、ストレスが日常化していることも寝違えの原因の一つとして考えられます。
寝違えで首の痛みを防ぐうえでは、そういった生活習慣を見直すことが大事な対処法となります。

 

 

【むち打ち】
交通事故やスポーツなどのアクシデントで首に不自然な力かかり、首が下を向けない程痛いといった症状の出る怪我の一つをむち打ちといいます。
正式には頸椎捻挫と呼ばれるもので、事故直後には痛みなどを感じなくとも神経や脊髄を傷つけている場合もあります。

 

 

むち打ちになってしまった場合の対処法としては、痛みの出る動きを控えて安静を保つこと、そして痛みのある箇所を直接マッサージしないことです。
むち打ちは後から痛みが出てくるケースもありますので、事故などに遭ったら早めに病院を受診することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

【首が痛いのは頚椎椎間板ヘルニア?】
下を向けない程の首が痛い症状が表れる病気として、頚椎椎間板ヘルニアも挙げられます。
首の部分にある頸椎と呼ばれる骨の間には椎間板という軟骨があり、その椎間板が後ろに飛び出して神経が圧迫されることで頚椎椎間板ヘルニアが発症します。
加齢による椎間板の変形や姿勢の悪さなどが原因で発症すると考えられており、中高年の人に多く見られる病気です。

 

 

首が痛い、下を向けないなどの症状のほか、肩や胸部、腕、手、頭部、顔面、下半身と、様々な部位に影響の出る病気です。
対処法としては痛む動作を控えて安静にしておくということがありますが、場合によっては手術が必要になることもあります。
下を向けない程の首の痛みであれば、早めに受診しましょう。

 

 

【首が痛み出した時の対処】
首の周辺には神経などがたくさん通っているため、痛む場所を直接マッサージをしたりするのはあまり推奨されません。
なるべく痛む箇所を安静にしておくことが大事な対処法の一つです。

 

 

先に挙げた「首が痛い」と思う症状以外にも、下を向けない程首が痛くなる原因は様々あります。
首が痛み出したら早めに病院で診断をしてもらい、適切な対処を施しましょう。

スポンサーリンク