寝違えた首の痛みで上が向けない時の対処法

寝違えた首の痛みで上が向けない時の対処法

スポンサーリンク

朝起きたら首を寝違えて、上が向けない程の首の痛みを経験した方は多いのではないでしょうか。
ここでは、首の痛みがひどい時の対処法を紹介します。

 

 

【寝違えとは】
眠っている間に体が不自然な動きを取り、首の回りや肩、背中に無理な力が加わり続けることで筋肉が炎症を起こして痛みが出ます。
通常であれば無意識のうちに寝返りを打つなどして無理な体制を回避することがでいきますが、酔っていたり疲れていたりするとそのような行動がとれないことがあります。
また睡眠時の窮屈な体勢やストレス、体に合わない枕などが原因とも言われています。

 

 

症状が軽ければ数時間からその日のうちに痛みが治まることもありますが、上が向けない程の首の痛みを感じるような重症であれば1週間以上かかることもあります。

 

 

【上が向けない場合など、寝違えた時の症状】
寝違えの症状は首の痛みだけでなく、肩や背中にかけて表れます。
朝起きた時に首に不快感や違和感を感じたら、寝違えである可能性が高いです。
首を動かすと肩の周辺が痛んだり、肩を動かしたときに首や肩甲骨が痛むこともあります。
重症の場合は首の痛みで首の動きが制限され、上が向けない程の痛みとなります。

 

 

痛みが気になったり痛みを早く取り除こうとして患部を直接マッサージしてしまうと、余計に症状が悪化してしまう恐れがあります。
間違った対処で痛みを長引かせないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

【上が向けない!寝違えの対処法】
上が向けない程の首の痛みがある場合は次のように対処します。
まず無理して動かしたりせずに、安静にして対処しましょう。
できるだけ動かさないようにするため、痛みが激しい場合は頸椎カラーと呼ばれる固定具を使うのも良いでしょう。
炎症を抑えるために、患部を冷やして痛みが和らぐのを待ちます。

 

 

痛みがある程度ひいたら患部をお風呂などで温め、無理のない範囲でストレッチを行います。
上を向けない程の重症であれば、痛みがひくまでに数日かかることもあります。
ストレッチの途中で痛みが出たらすぐに中止し、再び安静にしましょう。
首の痛みで上を向けない状態が長く続くようであれば、早めに整形外科等の医療機関を受診し、適切な対処を行いましょう。

 

 

対処に困るような寝違えは誰にでも起こりうるものです。
上が向けない程の痛みともなると、日常生活に大きな支障が出てしまいます。
無理をせずに病院で診断を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク