首が痛い時、ロキソニンで治療効果が得られる?

首が痛い時、ロキソニンで治療効果が得られる?

スポンサーリンク

抗炎症薬としてポピュラーなロキソニン。
首の痛みにも効果があることを御存知でしたか。
首が痛い時に患部に塗れば、辛い痛みをたちどころに緩和してくれます。
ロキソニンの効果のメカニズムと使用上の注意点についてまとめました。

 

 

【首が痛い時にロキソニンがよく効く理由】

 

「首が痛い!」。
そんな時、ロキソニンをパッと思い浮かべる人は意外に少ないかもしれません。
ロキソニンは一般には頭痛を緩和する薬として知られており、首などの外科的な痛みの緩和に効果があるとは、あまり広くは知られていないのです。
しかしながら、ロキソニンのパッケージをよく見ると、「筋肉痛などにも効果がある」という風にはっきりと書かれています。
実際、首が痛い時にロキソニンを使うと3〜4時間ほどで効果が表れ、辛い痛みをかなりの部分緩和してくれます。
首が痛い場合だけでなく、肩や腕、脚などの外科的炎症にも効果があるため、まさかの時のために常備しておくと役に立ちます。

 

スポンサーリンク

【頼りすぎは危険です!薬を使わない緩和方法】

 

ロキソニンは首が痛い時などにとても効果のある抗炎症薬ですが、あまり頼りすぎると依存状態を招き、かえって症状を固定化させてしまう恐れがあります。
首が痛い場合の薬以外のアプローチとしては、マッサージや温熱療法があります。
炎症を起こした部位は血流が滞っていることが多く、患部を揉みほぐしたり温めたりすることで血行を促し、症状を緩和する方法があります。
抗炎症薬はあくまでも応急処置であり、根本的な治療にはつながらないことを理解しておきましょう。

 

 

首が痛い場合、応急処置的に症状を緩和するうえでロキソニンは非常に効果のある薬です。
メカニズムはシンプルで、炎症を伝える神経伝達物質を抑制することにより痛みを緩和します。
抗炎症薬としてはほかにバンテリンやボルタレン、バファリンなどがあります。
薬を使わないアプローチには、マッサージや温熱療法などがあります。
いずれもあくまで一時的なケアであり、根本治療にあたっては専門の医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク