首の痛みと電気治療効果

首の痛みと電気治療効果

スポンサーリンク

首の痛みに対しての電気治療の効果

 

【痛みの原因】
人によって異なる首の痛み。
ズキズキとしたり、酷くなると日常生活にも支障をきたす厄介なものです。

 

 

原因は様々ですが多くの方が悩まされているのが長時間に渡って続くパソコン作業によって発生する首の痛みです。
集中して作業することにより、気が付いた時には身体に相当なストレスがかかり、慢性型の痛みが続きます。

 

 

また、寝違いで起こる首の痛みは健康な人でも引き起こされやすい種類の痛みです。
寝ている時の腕の位置が大きな原因で、脇の下の内側の腋下神経が圧迫し、この神経は首を支える筋肉に繋がっているため、首を動かすと痛いという寝違えに発展します。

 

 

病気が原因で首の痛みが引き起こされているのであれば、病気の原因を探り取り除くことが症状の改善に繋がります。

 

 

このように首の痛みの種類は様々ですが早く痛みを解消したいと思うのは誰しもがもつ願望です。

 

 

普段の生活で姿勢が悪いと怪我をしていなくても首にかかる負担は大きくなり、痛みや痺れといった症状が引き起こされます。
姿勢が悪いとその身体のバランスが崩れて痛みや体調不良が引き起こされ首や腰に負担がかかります。

 

 

ではその解消のためにどのような方法があるか、今回は電気治療法と、その効果を考えて見ましょう

スポンサーリンク

【電気治療】
電気治療法とは神経の圧迫、刺激による肩、腰、首の痛みや?手足のシビレに対する治療方法です。
患部に電気を流し刺激を与えることで、筋肉の痛みや神経痛を和らげる治療法です。
一般的に整形外科や接骨院などで施させる治療法と言えます。

 

 

電気治療では、パットのようなものを貼り、患部に微弱電流を流します。
ピリピリとする感じがありますがこれにより緊張状態をほぐし硬くなった筋肉を和らげます。
電気で刺激を与えることにより、筋肉を動かして血行をよくするという効果を期待して行う治療方法です。
筋肉の中の小さな血管が、硬くなった筋肉に押されて血行の流れを悪くしている状態に電気を流して血液を筋肉の隅々に届けるという効果があります。

 

 

身体の表面の筋肉はマッサージなどで効果はありますが指が届きにくい深い部分の筋肉は電気治療によって血行の改善効果を期待できるのです。

 

 

電気治療法により血液の循環を良くして、本来身体がもつ身体の中の細胞を元気にする、自然治癒力を高めるという効果が期待できるのです。

スポンサーリンク