長引く首の痛みには冷湿布と温湿布、どっちが効くの?

長引く首の痛みには冷湿布と温湿布、どっちが効くの?

スポンサーリンク

しつこい首の痛みへのアプローチとしては、昔から湿布療法が効果的だと言われてきました。
冷湿布と温湿布では、どちらがより効率よく首の痛みを緩和できるのでしょうか。
冷湿布と温湿布それぞれの特徴を解説するとともに、湿布療法以外のアプローチについてもまとめてみました。

 

 

【湿布療法にまつわる意外な誤解】

 

冷湿布は患部を冷やし、温湿布は温める。
首の痛みにおける湿布療法について、このように理解している方も多いのではないでしょうか。
もちろんこれも間違いとは言い切れませんが、決して正しい理解とは言えません。
冷湿布と温湿布は、実は根本的には同じものなのです。
どちらの湿布も患部に貼ると、その部分の皮膚温度を一時的に下げます。
温湿布でも皮膚を冷やすというのはいささか意外かもしれませんが、湿布そのものが発する気化熱を利用して患部の熱をうばっているのです。
急激に熱が下がることにより、脳のほうでは一時的に炎症がおさまったと認識し、結果として首の痛みが緩和されます。
冷湿布と温湿布の決定的な違いは、ふくまれている成分です。
温湿布には唐辛子に多くふくまれる辛み成分のカプサイシン、冷湿布には患部をすっきりさせるメントールが多くふくまれています。
この違いにより、冷たく感じるか温かく感じるかが変わってくるのです。

 

スポンサーリンク

【湿布を使わずに首の痛みを緩和する方法】

 

湿布療法以外にも、首の痛みをやわらげるアプローチはいくつかあります。
その中で最も手軽に試せる方法は、「蒸しタオル血液循環法」です。
やり方はとてもシンプル。
お湯で充分に温めた蒸しタオルをこりがひどい部分にあてて、血液の循環を促します。
はじめのうちは熱く感じられる蒸しタオルも、熱がうばわれるにしたがって体温と等しい温度になり、やがてほどよい冷たさに感じられるようになります。
熱さにさらされて血管や筋肉が収縮し、蒸しタオルが冷たくなることによって反対に筋肉も弛緩して熱を放出する。
このサイクルによって徐々に炎症物質が排出され、首の痛みが緩和されていくのです。

 

 

湿布療法は、首や肩のこりを緩和する基本的アプローチです。
冷湿布と温湿布は主成分が違うだけで、同じようなメカニズムで首の痛みに作用します。
どちらの湿布がより適しているかは、湿布を貼った時の患部の心地良さで決めるのがよさそうです。

スポンサーリンク