首の痛みが一週間以上続く原因は

首の痛みが一週間以上続く原因は

スポンサーリンク

寝違えてしまったりすると、首の痛みが発生してつらい思いをしたことがある人も多くいるかと思います。
本来であるのであれば早い人では三日ほどで治り、遅くても一週間以内には痛みが引いてくると思いますが、その痛みが一週間以上続くと何か他に原因があるのではと思ってしまう人もいるかと思います。

 

 

首の痛みが一週間以上続く原因として一番誰もがなりえる可能性が高いものは、打ち身があげられるかと思います。
首回りを強く打ち付けてしまうと、すぐに病院に行き、処置をしてもらってもなかなか痛みが引かない場合があり、長い人では1ヶ月近く痛みが続くという人もいます。
誰にでも起こりうる事ですので日常生活で注意が必要です。
しかし、いくら注意をしていても突発的に巻き込まれてしまう事も十分に考えられます。
そんなときは、打ってしまった箇所をよく冷やすなどの応急処置をしていれば、その痛みが一週間以上続く事もなくなりますし、一番大切な事は放置しないで病院に行くこと、処置をしてもらえば痛みは必ず和らいできますので、早めに治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク

しかしケガではなく、病気により首の痛みが一週間以上続く可能性も存在します。
一週間以上続く痛みの原因は、椎間板ヘルニアなどによる原因で首の痛みが起きることもあり、その場合は一週間以上どころではなく、治療をしなければ痛みはずっと続く可能性もあり、場合によっては手術をしなければ完治しない場合もありえます。
椎間板ヘルニアの原因は様々ですが、なってしまった人共通していえるのは首の痛みが一週間以上続くということです。
首の痛みが一週間以上続くときは、原因をしっかりと調べる必要が出てきますので、不安を感じたらすぐに病院に行きましょう。

 

 

首の痛みの原因は人により様々ですが、出来れば早く痛みから解放されたいものであり、そのためには適切な処置が必要になってきます。
現在首の痛みが一週間以上ある人は、一度病院に行き、原因を調べてみてはどうでしょうか?スポンサーリンク