起き上がれないほどに首が痛いときの対処法

起き上がれないほどに首が痛いときの対処法

スポンサーリンク

寝る前は特に異常も見られなかったのに、朝起きたところ起き上がれないくらいに首が痛い、という経験を一度は経験した人も少なくありません。
突然首が痛いとなったときにできる対処の仕方を知っているだけでも精神的に負担が軽減されることもあります。

 

 

【首が痛い原因】
人の体は疲労が溜まると血流などの滞りから体にコリが発生しやすくなり、血管が多く集まる部分は特にコリから来る痛みが起こりやすくなります。
首が痛い原因の多くがこのコリによるものです。
また、そのほかに考えられる原因としては寝違えなどがあります。

 

 

【起き上がれないほど首が痛いとき】
寝違えによって首に痛みが起こることは軽度な状況も含めると誰しも一度は経験があると思います。
寝違えも重度になれば起き上がれないくらい痛みが起こることもあります。
しかし、それ以外にもほかの病気による痛みの場合もありますので注意が必要です。
突然の起き上がれないくらいの首の痛みで考えられる病気の種類は、肺炎や狭心症などさまざまです。

 

スポンサーリンク

【ストレスと起き上がれないくらいの首の痛み】
起き上がれないくらいの首の痛みで、寝違えやほかに考えられる病気以外に、ストレスもこうした首が痛い原因になり得ます。
強いストレスからうつ病などの精神病に発展し体を動かすこと自体に消極的になると、筋肉が硬直しやすくなります。
その筋肉の硬直が痛みに繋がることもあります。

 

 

【痛みに対する対処法】
原因によって対処法が異なるため注意が必要です。
例えばコリによって起こる痛みの場合は患部の血液の滞留が原因のため、ピンポイントにマッサージなどで緩和される場合もあります。
しかし寝違えが原因の場合はマッサージによる対処は悪化の可能性があるため、ピンポイントにではなく、その周囲から少しずつ揉み解して対処することがポイントです。
また肺炎や狭心症などほかの病気の疑いがある場合は速やかに専門機関の診療を受け対処することで、早期発見・治療に繋がります。
ストレスが原因との場合はほかにも精神的な不良を感じることが多いためストレスに対して対処し、心の安定を保つことが大切です。

 

 

起き上がれないくらい首が痛い、というのは普段の生活にも制限が出るほどに辛いものです。
普段は気に留めにくい箇所ですが、重い頭を支える首に痛みが起こると体を動かすことも難しい状態になります。
こうした痛みが起こる前に対処法を知っておくことが大切です。

スポンサーリンク