五十肩 痛み 場所

五十肩の痛みが強い場所と原因

スポンサーリンク

五十肩は動作時に肩を中心とした痛みが強い症状です。
その原因は関節が関係しています。
一番強く痛みを感じる場所は肩周辺でしょうが、腕の痺れや首の付け根が痛むなど、症状の重さによって出現する苦痛が違います。

 

 

【五十肩が四十肩よりマイナーな理由】

五十肩は50代付近の人が肩関節の痛みに悩まされる状態です。
でも、近年症状を感じる年齢が若年化しており、40代でも同じような悩みを抱えることが多くなっています。
だからこそ、四十肩が一般的に浸透しているのです。

 

 

痛む場所は人によって異なりますが、日常生活動作に支障をきたすようであれば、医療機関を受診して関節可動域の評価を行ってもらいましょう。
40代を過ぎたのであれば、細かな場所は抜きにして、総合的な判断を仰ぐのがおすすめです。

 

 

【五十肩で痛む場所】

肩関節の痛みが五十肩で悩む場所の代表格ですが、実際には腕や首など、肩と連結している部分に悩みが生じることも少なくありません。
徐々に痛みの場所が広がっていく場合もあり、放置していると日常生活動作の様々なタイミングで不具合を生じます。

 

 

服を着替えるにも肩の動きは重要です。
今までは当たり前のように動作できていたものが、五十肩によって動きに制限がかかってしまうと、たちまち不便さを感じるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

【適度な運動も可動域確保には大切】

年齢を重ねるごとに、基礎代謝が低下するのは誰もが知っていることでしょうが、運動の機会が少なくなると、関節の可動域にも影響を及ぼします。
五十肩は痛みだけでなく可動域の減少も深刻な悩みです。

 

 

どんな場所でも簡単に実践できるストレッチなど、五十肩の痛みの場所が和らぐようなアプローチを知っておくと、それだけでも生活の中で健康のコントロールが実践できます。

 

 

五十肩の痛みで日常生活に支障が出ているのであれば、早期に問題を解決するためのアプローチを行いましょう。
肩関節の不具合が発症場所としてはメジャーですが、腕や首周りに痛みが出ることも少なくありません。
日頃の運動習慣があれば、こうした悩みも小さくなるはずです。

スポンサーリンク