五十肩 対処 寝方

五十肩で痛くて寝られない時のおすすめの寝方や対処方法

スポンサーリンク

五十肩の痛みが強くて眠る事ができないという悩みを抱えている方は大勢いらっしゃいます。
睡眠は人間にとってとても重要な物ですので、どうにかして快適に眠る事が出来ないかと色々な寝方を試してみたくなると思いますが効果的な対処方法を行わなければ意味がありません。

 

 

【少しでも楽な寝方を心がける】

五十肩の痛みの対処方法として心がけて頂きたいのが、痛みのある部分に無理な力を与えていたり、筋肉を上手に伸ばせていなかったりするような寝方の場合には痛みが強くなってしまうという事になります。
その為、先ずは肩に負担がかかっていない寝方かをしっかりと確認してください。
寝ている時にそのような状況になっているのであれば、確実に五十肩の痛みは強くなってしまいますので正しい対処が必要になります。

 

 

【三角巾で腕を吊って固定する対処法】

実は五十肩の症状には、三角巾を首にかけて腕を吊るして固定する対処法と効果があります。
三角巾のお陰で方に無理な力が加わかりませんし、寝ている時に筋肉が伸びないように固定する事が出来ますので、痛みを悪化させる事無く睡眠を取る事ができます。

 

スポンサーリンク

【局部麻酔薬の注射の効果】

あまりに痛みの強い五十肩には、局部麻酔の注射を行うという対処法もあります。
基本的には、局部麻酔の注射の効果が続くのは、長くても2時間程度ですので、五十肩に局部麻酔をしても朝までぐっすりという事ではありませんので注意してください。

 

 

【湿布や痛み止めの薬】

五十肩の場合には、いかに効果的な寝方が出来るかによって症状が大きく変わってきます。
鎮痛薬や湿布などがあればそれらを使って痛みを抑える方法もありますが、対処方法としては不完全です。
もちろん五十肩に効果はあるのですが、湿布や痛み止めだけでは根本的な治療になりにくいのです。

 

 

根本的に痛みの対処方法を考えるのでしたら、これ以上痛みを増やさないように安定した寝方をする事がとても重要になります。
痛みを悪化させないようにする寝方が出来るという事が、悪化させないだけでなく、徐々に痛みを抑えるために有効な対処方法になりますので、しっかりと現時点の自分の寝方について理解するようにし、改善するように心がけてください。

 

スポンサーリンク