四十肩 完治 期間

酷い四十肩が完治するまでの期間は

スポンサーリンク

何もしなくても痛みが出てしまう四十肩は、酷い症状になると痛みで眠る事ができないほどズキズキと激しい痛みを生じてしまいますのでとても大変です。
また、一度症状が出てしまうと完治までの期間がかなりかかってしまいますのでとても大変です。

 

 

【四十肩が完治する期間の目安】

四十肩は、医療の現場では約2年ほどの期間があれば完治すると言われております。
この完治というのは、日常的な生活を再び遅れるようになるという事で、例えば代表的な症状の寝ようとしても痛くて眠る事が出来ないといったことや、腕が痛みで上げられないので上着を着るのが難しかったり、髪の毛を整えるのが困難といった日常生活上の不具合が無くなるまでの期間という事になります。
つまり、日常的な行為ができるまでに、かなりの期間が必要になるという事なのです。

 

 

【四十肩の完治する為の期間が長い理由】

四十肩は、いきなりなるのではありません。
四十肩という症状が現れる場合には、その前に何年も方に負担をかける事によって、肩にダメージを与えている期間があります。
その期間を経て表に症状として現れたのが四十肩になります。
その為、完治するまでも長い期間かかってしまうのです。
最初は痛みがないけど何だか肩が動かしにくいという自覚症状から徐々に痛みが増えて行き、最終的には眠れなくなるほどの痛みが現れます。
治療をする事で徐々に痛みは治まっていきますが、肩の重みを取るまでにはかなりの時間がかかってしまう事になるのです。

 

スポンサーリンク

【症状に合わせた治療を】

四十肩は、人によって症状がことなります。
直ぐに冷やした方が良い場合と、リハビリをして弱くなってしまった肩の筋肉を強化した方が良い場合など正反対の治療方法があります。
その部分の選択を間違えてしまうと完治までの日数は長くなってしまいます。

 

 

四十肩を完治させるまでには、かなり長い日数がかかります。
焦らずに治療を続けるためには、信頼できる医師との連携が重要になります。

スポンサーリンク