肩甲骨の痛みがある四十肩、その原因と対処

肩甲骨の痛みがある四十肩、その原因と対処

スポンサーリンク

 

中年になっていくにつれて肩甲骨の周辺が違和感を感じ、徐々に痛みを感じたりしてしまいます。
深刻になると動かすことも困難になってしまいます。
四十肩の症状ですが、肩甲骨周辺の辛い症状はどういった原因があり、またどのように対処したらいいのでしょうか。

 

 

【四十肩による肩甲骨の痛みの原因】

 

中年期に入ってくると体のいろんな部位に痛みを生じてしまうことがありますが、中でも肩甲骨周辺に生じてしまうことがあります。
これは四十肩によるもので、加齢が大きな原因となっています。
大きな原因としては肩甲骨や筋肉、靭帯などが加齢によって老化していき、周辺に炎症を起こすことによって痛みが生じてしまうというものです。

 

 

痛くなってくるとより激痛を起こさないように動かさない方が多くいるものです。
しかし動かさないでると筋肉などが硬縮し、より痛みが強くなったりしてしまいます。
四十肩の原因は加齢によるものですが、それを深刻にしてしまうのは運動不足も関係しているのです。

 

スポンサーリンク

 

【四十肩の対処方法について】

 

四十肩が原因で肩甲骨が痛みを生じるようになってしまいます。
この場合どのようにして対処をしたらいいのでしょうか。
まず痛いので動かさないと筋肉が硬縮をし、より炎症がひどくなっていきます。
そのため適切な対処としては毎日少しずつ、無理のない程度に肩甲骨を動かすことが大切です。
激しく動かすと症状が強くなったり炎症が大きくなるので、適度に動かすだけで十分です。

 

 

痛みがある部位は温めることによって筋肉の緊張をほぐしたり、血行を促進することができます。
そのため入浴でゆっくりと温めるようにする、カイロを当てて患部を温めるという対処もお勧めです。
また痛みが大きい場合にはカイロだけの対処では痛みの軽減が難しいので、鎮痛剤による対処も必要になります。

 

 

四十肩が原因で痛くなった時には辛いものですが、だからといって何も対処せず動かさないでいるとより症状が悪化してしまいます。
そのため無理のない程度に動かしたり、また温めたりするといった対処が必要になります。

 

スポンサーリンク