四十肩と五十肩の違いは角度にある!

四十肩と五十肩の違いは角度にある!

スポンサーリンク

 

四十肩や五十肩というフレーズは良く聞きますが、実際にその違いについて知っている人は少ないようです。
年齢で分けられるという説もあれば、腕があげられる角度という話もあります。
実際には、どの説が正しいのでしょうか。

 

 

【四十肩と五十肩】

 

一般的に四十肩や五十肩は肩の可動域が狭まり、痛みを伴っている症状の事をいいます。
正式には、肩関節周囲炎といい。
関節の炎症によって引き起こされているものです。
そのため、四十肩や五十肩は年齢に関係なく発症するものといえます。

 

ではなぜ、四十肩や五十肩という表現がされるようになったのでしょうか。

 

【角度が重要】

 

肩の可動域が狭くなる事が、肩関節周囲炎です。
俗に四十肩や五十肩と呼ばれていますが、五十肩と呼ばれるようになったのは、肩の可動域、動かせる角度が50パーセントしか動かせない事からそう呼ばれるようになったと言われています。
四十肩との違いはなく、年齢に配慮して40代の人に対して使われるようになったと考えられており、20代でも30代でも肩の可動域が50パーセントの角度しか使えない場合は、四十肩や五十肩の症状といえます。
厳密にその両者に違いはないというのが事実です。

 

スポンサーリンク

 

【痛みは可動域の角度で決まるのか?】

 

両方とも同じ、肩関節周辺炎という病気のため、厳密角度が違うなどの症状の違いはありませんが、やはり年齢を重ねているとより痛みを強く感じる傾向はあるようです。

 

肩の関節以外にも、様々な部位で痛みを感じるため、五十歳になって発症するほうが痛みが強く、違いはあると思っている人も多くなっていますが、肩関節周辺以外に炎症を起している事が原因とも考えられるため、厳密に肩関節の周辺炎には年齢で痛みの違いや可動域の違いがないといえます。

 

 

角度や痛みの違いで名称が変わってくると考えられがちですが、年齢を重ねるごとにその他の部位が痛みより強く症状を感じている事がほとんどです。
その他の部位が痛みをともなっている場合は適切な処置が必要となるため、しっかりと症状を見て医師に伝える事が大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

ためしてガッテンで紹介された四十肩の治し方
四十肩が原因で脇の下が痛む症状
四十肩におすすめの痛み止め市販薬
四十肩に最適な湿布の貼り方
四十肩の痛みにロキソニンが効かない場合
保険適用の四十肩治療法
四十肩と二の腕の痛みの関係性とは
四十肩で首が痛い症状の時には
四十肩の痛みは冷やすのと温めるのではどっちが効果的
四十肩の治療には病院の何科がベストなのか
酷い四十肩が完治するまでの期間は
四十肩の症状をセルフチェックしよう
四十肩の症状とめまいとの関係
肩甲骨の痛みがある四十肩、その原因と対処
四十肩による痛みの症状を引き起こす場所
四十肩による指のしびれの原因、またそれに対する対処方法
四十肩にはロキソニンテープが効果あり?気になる副作用について
四十肩に対するブロック注射の効果、またそれに対する副作用
四十肩による激痛のピーク、またいつまで痛みが続くのか
四十肩の治療とレントゲン検査や診断について
中年期に起こる四十肩と頭痛の関係について
四十肩の痛みを軽減させる薬やアリナミンの効果と副作用
四十肩に効果があるとされる薬アンメルツの効果と副作用
四十肩に良い食事、また効果的な食べ物
辛い四十肩に対する針治療の効果について
20代、30代で起こる四十肩の症状の原因、またその対処法