五十肩は冷やすのと温めるのはどっちが良いか

五十肩は冷やすのと温めるのはどっちが良いか

スポンサーリンク

 

五十肩の症状は長期的に慢性的な痛みに悩まされることになりますが、多くの人が痛みを緩和させるために冷やすのか温めるのかどっちが良いか悩んでいる人も多いです。
どのように症状を改善させれば良いかと悩むほど五十肩の悩みは厄介だからこそ、冷やすか温めるかどっちが良いかを理解しておくことで、自分自身で対応をして病院に行く前にある程度は痛みを緩和させることができるようになります。

 

 

【温めるタイミングとは】

 

五十肩の治療でどっちが良いか判断するのが難しいときい温めるタイミングはどのような痛みのときかというと、痛みが少し和らいできて血行を良くしなければいけないときに温めることをおすすめします。
血行を良くするときにどっちが良いかと悩んで冷やしてしまうと逆効果になってしまいます。

 

 

そうならないためにも正しい方法で温めるタイミングを理解しながら、しっかり患部を温めて血行を良くして無理せずに焦らずに症状を改善させていくようにしてください。
温湿布をはるのも良いですし、温泉などに入ってゆっくり身体を温めるのも五十肩の治療に効果的です。

 

スポンサーリンク

 

【冷やすタイミングとは】

 

五十肩の治療でどっちが良いか悩んだときにどのようなタイミングで冷やすのかというと、激しい痛みが伴う初期の段階では、患部の炎症を抑えるために冷やしたほうが良いです。
激しい痛みがあるときは温めるのではなくて冷やすようにしてください。

 

 

冷やすで痛みを和らげることができるようになります。
このタイミングで温めてしまうとかえって炎症が激しくなってしまい、症状が悪化してしまう恐れがあるということを理解しておくようにしてください。

 

 

このように五十肩の症状が出て痛みが酷くなってしまったら、冷やすことも温めることもどっちも有効的な五十肩の治療方法ということを理解しておきましょう。
痛みの状況に応じてどっちの方法で緩和させれば良いかを自分自身で判断することができるように、知識を習得しておいて損はありません。
どっちが良いかと迷ってらそれぞれの状況を見極めることを重要です。

 

スポンサーリンク